結婚指輪はこだわりを持って選ぼう|様々なデザインがある

結婚式における父親の衣装

新婦

父親としての大切な日

自分が選んだ伴侶とともに新たな家族を作り、人生の新たな一歩を踏み出す日、それが結婚式です。父親にとっても大事な息子や娘の結婚式は、子供たちが成長し一人前の大人となったことを喜んだり、また自分の手を離れて歩みだそうとしている姿に寂しさを感じたり。様々な思いめぐらす特別な日にもなるでしょう。そんな大切な日にこそ、衣装にこだわることによって父親としての存在感を示し、祝う気持ちをあらわしたいものです。晴れの日である結婚式での、母親の正礼装の定番は留袖でありますが、父親の正礼装の定番はやはりモーニングです。特に専門の式場やホテルなどの格式ある会場においては、モーニングが最もふさわしいでしょう。モーニングの基本スタイルは決まっていますが、ネクタイやズボンなどで工夫をすることで個性を出すこともできます。

どこで衣装をそろえるか

結婚式の父親の定番スタイルであるモーニングですが、なかなか着る機会も多くないため、個人で所有しているという人は少ないのではないでしょうか。子供が結婚するというときになって、さて父親の衣装はどうしたらいいのだろう、と初めて考える人も多いと思います。もちろん新調するという手段もありますが、高価なものですし、今後着る機会が多いとは思えません。モーニングはレンタルするというのが、一般的になっています。レンタルする場合、結婚式場などで新郎新婦の衣装と同じように利用することもできます。その他、メンズものを取り扱っているレンタルショップを利用するのもいいでしょう。最近ではインターネットや電話によってレンタルをすることができる業者もあります。